« 枝豆の苗の嫁入り先は・・・。 | トップページ | ママ友と »

2007年6月19日 (火)

目から鱗

お恥ずかしい話ですが、確かにお勉強はやらなかったので(嫌い!)成績は芳しくありませんでした。親に

「少しは真剣にやりなさい」

と言われても、

「算数出来れば困らないでしょう。」(呆れてたっけ)

と言った事を覚えている。中学の時には英語の先生に

「真面目にやるつもりがあるのか?」  と聞かれ

「日本人だし、海外行く気もないし、住むつもりも、大学行くつもりも英語の必要な会社に入る気もないから必要ないです。」

と・・・ハッキリ言ってしまった。(高校に行くのには必要だった)

まぁ・・・確かにそんなに困っていないけど、今になって言えることは

あの時勉強出来る時間と余裕があったのだから、勉強しておくべきであった。と言う事。

生活に追われる中ではとても勉強する時間なんて取れない。真夜中にコッソリになってしまう。疲れてるから集中出来ない。(元々無いのかも!?)でも、今ここで少しづつ必要になってきたのが”英語”息子に私が嫌いだったから好きになってほしいのと将来必要になるだろうと思うから。小さい頃から耳に馴染んでいればすんなりと入っていけると思うから、と言う考えの下しまじろうをやっているんですが・・・たまに英語で聞いてきたりこれは何て言うの英語で?とやられる訳です。だから困るのよ!今になって本当勉強しておけば良かったと後悔・・・。少ない英語の知識の中で思いつく事を言ったり、わからないなぁ~と答えたり○○ちゃんのママかパパならわかると思うよ。聞いてごらんといったり。

でも実際の学校で教わる英語とコミニュケーションをとる英語は違うらしいと耳にした事がありました。丁度そんな時生協さんで

”英語のルール”なる本を購入。ちょっとの暇に少しずつ覚えようと買ってみたら。  これまた面白い!一気に読んでしまいました。

例えばドアをノックされた時に対する返事は?

Who is this?これなんて教わりました?

これって使い方は電話に出た時に私達が言う「もしもし」なんだって。

正解は who is it? なんだって。ビックリでしょう。

後はそれにまつわる失敗談が書いてあるんだけど面白いよ。

後もう一個

See you agein.(しばらく会えませんがさようなら。)もう二度と会えないかもそこまで行かなくてもしばらく会えないと言うさよならの意味の深いものだったんだと知りました。普通にSee you.(またね!)で良いんだそうです。

学校で教わったのじゃ世界には出られない。是非紙の上ではなく生きた英語を教えて欲しいものだと思いました。この本の中には知らないで使った事によって誤解されたり相手が不愉快に思ったりする事が多々あるんだと書いてありました。それにお国柄でストレートに言うのが英語であり日本人は遠まわしにものを言うのが日本語なんだと思いました。その考え方だと日本的考えで使うと間違いだらけになるんだな~と思いました。

興味のある人は見てみてね(決してセールスではありませんよ!)

英会話学習サイト 『かかってこい!英会話』

伊藤 哲哉さんの本  ” 英語のルール ” も紹介されてます。

|

« 枝豆の苗の嫁入り先は・・・。 | トップページ | ママ友と »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに私も勉強が嫌いで、学生時代にやらなかったことを後悔してます・・・
娘がしまじろうで覚えた英語がわからないこともよくあります。真剣に英会話を習おうと思ったこともあります・・・でも私の悪いところは、思うだけで行動が伴わないこと。
amiちゃんが紹介していた本を是非読んでみたいと思います(*^_^*)

投稿: さっちー | 2007年6月20日 (水) 00時00分

うんうん!将来が楽しみじゃ!!大事に大事に、厳しく健やかに育ててやってくれ!!うちの息子も夢に向かってもうどんどん進んで行っている。新たな潮流に押し流されるようにそれぞれの門が開かれている。鬼嫁も、うかうかしてられん!親の庇護の元にいてくれるのはほんの一時。その時を大事に過ごしてね。あっという間に親を置き去りに一人で行っちゃうよ。

投稿: 鬼嫁様 | 2007年6月21日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173454/15487702

この記事へのトラックバック一覧です: 目から鱗:

« 枝豆の苗の嫁入り先は・・・。 | トップページ | ママ友と »