« トイレにて・・・。 | トップページ | ヨモギ風呂 »

2015年6月18日 (木)

心が・・・ポキッと折れまして・・・

(´・ω・`)ショボーン
この前の話なんですが、ボンの心が折れちゃいまして・・・
数日学校へ行かない事がありました。
旦那様からは
「お前がかまい過ぎて、勉強しろだのなんだの煩過ぎるんだ」
と。責められ。
本人からも
「ママが煩い。いなきゃいいのに!殺意が出てくる!」
「僕だって部活に塾に勉強にいっぱいいっぱいなんだから。考えてよ!」
と。
で、旦那様と話し合った結果
「最低限は言うとしても後は何も言~まい。暫く様子を見よう」
と言う事に。
まぁ…小さい頃から孫みたいにしてくれた近所のおじさんが亡くなったり、何かと声をかけてくれ、可愛がってくれたおじさんが亡くなったりと不幸も続いてなんだと思うけどcrying
突然、下痢が止まらないお腹が痛い。頭も痛い。から始まりました。
先生も心配してお電話を下さったり。
結局4日程ゆ~っくり休んで
「さぁ~、金曜日。週の最後の日で丁度5時間で特別日課だし、部活も無いし、今日いけなきゃぁ~本当に学校に行けなくなるよ。頑張ってsign03happy01」と応援
本人はグズグズ・・・「あぁ・・・腹が・・・」
「パパとママが送って行ってあげるから」
と言い、登校しました。
あれから休まず私の
「学校どうだった?部活何やったの?」
の問いに
「うん。楽しかったよ。でもさぁ~聞いてよ~。酷いんだよ~。コートの端から端まで倒立で行けとかさぁ~。マジ、あり得ないし。ジャニーズじゃないし~。俺、でんぐり返ったよ~。」
とか色んな話をしてくれてます。休まず行ってくれているので良いのですが・・・。何だか胸のしこりがつかえているのですが

(ママから言ったら、やるべき事はさっさとやって遊べば良いのに。のんべんだらりんとやってるから時間がなくなるんだし。言われる前にとっととやれば良いのに。とかつっ込みどころ満載なんですけどね。)
スッキリしませんが、本人なりに頑張っている?様なので期末テストの結果がどう出るか・・・~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

取り合えづ見守る。しかないママなのです。
だって、私の人生じゃぁ~ないんですから。

そして数日後話をしていたら
「僕ねぇ~修学旅行に行ってわかったんだけどさぁ~。都会は空気が臭いし水まずいし、嫌だから筑波大に行こうかなぁ~。」
( ̄▽ ̄)
・・・・!!(゚ロ゚屮)屮・・・無理でしょ~今のままじゃぁ~
と心で叫びながら
「相当頑張らないと行けないし、ここよりず~~~~っと都会だよ」
と教えてあげました。
我が子ながらボンよ。笑えるぞsign03

小さな声でしか言えないけど
ママはボンの3/1位しか勉強しなかったから実際は
凄いなぁ~と感心
してるんだよ。
だって朝4時とか5時に起きてやったのは受験勉強の時しかなかったもん。
だからママもつきあって早起きしてるんだhappy01
無理はしないで、チョットづつガンバロ~ねsign03ボンup

|

« トイレにて・・・。 | トップページ | ヨモギ風呂 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱ、少しかまいすぎですよ
煩いなthink

投稿: 酒が好き | 2015年6月18日 (木) 21時34分

amiさんいつもお世話になっております☆
先日はブログにコメントを寄せて頂きありがとうございました
本人にも見せました
沢山の応援があるから僕はがんばれると今日も学校へ出てゆきました
先生方とも電話レベルですが話もしました
何事も事件が大きくなる前に鎮火ですね
明日は授業参観があるので各先生の元へお話をしに行かねばなりませんが方向性としてはいい方向に向かっています
また結果はブログなどでご報告したいと思います

さてさてamiさんのお子さんいかがですか?
ぽーやんも今から数年前の今時期にブツ壊れてしまい1か月間本当に怖い日々が続きました

結果、復活を遂げるわけですが、本人が前向きになれたのは「父親との会話」「先生たちの見守り」そしてなんといっても我々母親の腹の据え方だったと思います

家の中で母親といる時間は多いと思います
「学校へ行ってくれなかったらどうしよう」
「今日も早退したらどうしよう」
と毎日不安に自分が押しつぶされそうになっていました
それは完全に自分の勝手なんだって思ったんです
このままじゃ自分もダメになっちゃうかもって・・・

そんな時に通っていた校長先生と担任の先生が

「とにかく来させてください。来れば何とかしますから」

とおっしゃってくださったんです

始めは「おいおい、嫌がる子を無理やり連れて行ったら逆効果なんじゃないか?」と思ったのですが先生がたくさん話を聞いてくれたり、保健室へ行くことが多くなってしまったけれども、それでもいいからって過保護になるんじゃなくて逆に学校の中でも見ながら突き放す的な荒療治に出たようです

1か月過ぎた頃になると段々、自分から「算数がわからなくなった」「自分に頼ってくる先生にこたえなくっちゃってそれが辛くなってきた」などなど理由を語り始めたんです

「父さんと話がしたい」ともいいだしました

2人で体を動かしながら語ってもらおうと父さんに自転車で連れ出してもらって一日外で伸び伸びしてもらうそんな休日も続きましたねぇ

そしてそのまま夏休みに突入
もしかしたら2学期も引きづるのかと心配はしていたのですが逆にその長い休みがよかったのか何事もなく通いだしたんです

長々すみません

結局は自分が自分と向き合って自分の悩みを誰かが必ず聞いてくれるっていうこと、それと体を動かすことによってアドレナリンが出て体の興奮状態とクールダウン状態の差をつけることで体が落ち着いてくるみたいですよ
走るって行為はかなり体の安定につながると人から聞きましたがその通りだと思います

きっとおこさんも何かわからないけれどもきっかけがつかめるはずです
それが早いか遅いかはわからないけれども、かしこいお子さんとお見受けしましたのですぐ「ホッ」とできる日がご家族みんなの元にやってきますよぉ☆

見てきて一番の薬は父親の存在だったかな(笑)

どうかどうかパパさんに少しでいいから外に二人で出てもらってぽ~っと過ごす時間を作ってもらってください
そこで無理に理由とか頑張れと声をかけるのではなく

amiさんも十分応援しているのがわかります
かまってもかまいすぎるってことはないですって☆
それだけ愛情を注いでいることはおこさんは今はわからないかもしれないけれども、きっとどこかで「あの時」って思ってもらえる日来ますよぉ!

私も今回の吹奏楽部のことでドキドキしていますがamiさんの力強さを感じて自分も頑張ろうとおもいます!

ということでまたブログ読ませてくださいね

投稿: はしぎゅう | 2015年6月19日 (金) 08時33分

コメントありがとうございます。
酒が好きさん。
本当かまい過ぎなんだと思います。
旦那様にもなる様になるからと心配しながら言う事は一つにしぼって言う事にしました。
子育てって本当に難しいですね。
旦那様とも
「きっと子育てが終わるまで、私達も勉強なんだろ~ね」と話していた所です。

投稿: ami | 2015年6月22日 (月) 17時13分

はしぎゅうさんコメントありがとうございます。
ぽ~やん。私は大人になってから吹奏楽の時に一生懸命やった事がとても良い思い出になっています。その時は大変だけど頑張れ!
そして貴重な体験談ありがとうございました。
うちも最終的にパパがボンと話してくれました。
今は取り敢えず期末に向けて自分で頑張ってます。
学校もあれから休まず行って、笑顔で帰ってくるので良いとしています。
期末も今回失敗しても良い薬になるからと塾の先生も言ってくれているので(勿論、出来が悪ければ強制補講が夏休み待っているのですが(笑))
影ながら応援しています。
先ずは休まず行ってくれてればよしsign03です


投稿: ami | 2015年6月22日 (月) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173454/61760485

この記事へのトラックバック一覧です: 心が・・・ポキッと折れまして・・・:

« トイレにて・・・。 | トップページ | ヨモギ風呂 »